気になるアレの話題をゲット
今日も元気に最新の話題をゲット
話題のイベント

蔵王の樹氷2019年の見頃を紹介!害虫で見れない日は来るのか?

スノーモンスターと言われる「蔵王の樹氷」の季節が訪れましたね!毎年「蔵王の樹氷」を見たくて観光客やスキーを楽しむ人たちも多いと思います。

 

蔵王の樹氷2019年の見頃も気になるところですが、蔵王の樹氷となる木の害虫被害が酷くなっていて、樹氷が見れなくなる日が来るかもしれないと言った話題もあるみたいですね~。

 

蔵王の樹氷を楽しみにしている人だけじゃなくて、冬の風物詩が見れなくなるかもしれないって気になりなんせんか?

 

と・・いう事で

  • 蔵王の樹氷2019年の見頃は?
  • 害虫で樹氷が見れない日が来るの?

 

など、蔵王の樹氷に危険が迫ってる!という話題について見ていきたいと思うので、旅行を考えている方にも参考になったら嬉しいです!

 

蔵王の樹氷について紹介!

神秘的で幻想的な「蔵王の樹氷」ですが・・世界的にも希少な現象が広大に広がる蔵王の樹氷はどのようにして出来上がるのか?を見ていきたいと思います!

 

蔵王の樹氷が発見されたのは、1914年になるそうなので蔵王の樹氷は100年以上前から出来る自然現象になりますね!

 

蔵王の樹氷が出来上がるには特殊な環境条件があってこそで、樹氷の現象は日本特有のものと言っても間違いないと言えるのは、海外では樹氷の現象についてハッキリした報告がないそうです。

 

樹氷は

  • 八甲田山
  • 八幡平
  • 蔵王連峰
  • 吾妻山

といった東北地方でも奥羽山脈のごく一部でしか見られない樹氷現象になるそうです。

 

蔵王の樹氷は世界的にも有名で見頃の期間には海外からも蔵王の樹氷を目当ての観光客が大勢くるそうですよ。

 

 

蔵王の樹氷の絶景さは世界を誇るものだとおもいますが、日本でもほんの一部でしか出来ない樹氷には絶対条件が重なって出来上がるもの!という事で・・

 

樹氷現象の条件とは

  1. 常に一定方向からの強風により多量の過冷却水滴と雪が運ばれること。
  2. 雪がつきにくい落葉広葉樹ではなく、常緑針葉樹が自生していること。
  3. 木々が埋没しない程度に積雪が適量であること。

 

 

上の条件が蔵王には昔から起こり見事な樹氷の現象が出来上がるのですね~!蔵王には樹氷となる木の「アオモリトドマツ」が多く自生しているので・・

②の条件にはピッタリですね。

 

蔵王の樹氷「アオモリトドマツ」に着氷した0度以下でも凍らない雲粒が過冷却水滴になって雪と混ざりあう事で、雪が固くなりながら風上に向かって成長し色んな形の樹氷が出来上がっていきます。

自然現象って怖いことも多いけど、蔵王の樹氷みたいに感動を与えてくれる事もあるから、自然環境の大切さを感じますね~!

 

 

スポンサーリンク

蔵王の樹氷2019年の見頃は?

蔵王の樹氷2019年の見頃を見ていきたいと思いますが、蔵王の樹氷時期には「ツアー」や「まつり」などもあるのでチェックしてみたい!と思います。

 

蔵王の樹氷2019年の見頃となるのは、1月下旬ごろから3月の上旬ごろが見頃になるようなので、2月の中頃が一番いい見頃ではないでしょうか。

 

ただ・・・

2月ごろの蔵王の気象は晴天の日が少なくて吹雪くことも多いようなので、樹氷の見頃時期ではあるけど、防寒対策で行っても厳しい環境かもしれませんね~。

 

蔵王の樹氷2019年もライトアップがされていて、昼間とは違う蔵王の樹氷の世界を楽しみたい人は蔵王ロープウェイで見に行くことが出来ますよ。

  • 開催日時:2019年3月3日まで(限定46日)
  • 時間:17:00~21:00(上り最終〜19:50まで)
  • 料金:「おとな2,800円」「こども1,400円」

蔵王ロープウェイで樹氷ライトアップをみにいくのですが・・・天候などによっては見れるか分からないので、訪れる前には「蔵王ロープウェイのホームページ」を確認した方がいいと思います。

 

 

蔵王の樹氷2019年のライトアップも「蔵王まつり」の一つですが、その他にもたくさんのイベントが開催されているので紹介しますね!

 

蔵王の樹氷2019年まつりは!

  • 冬の花火
  • 1000人松明滑走&花火
  • 冬の開運回遊
  • 樹氷ライトアップ
  • 樹氷観賞
  • 冬の働く車大集合
  • イルミネーション
  • フォトテーリング
  • ゲレンデサービスデイ

蔵王の樹氷2019年も楽しみ方がいろいろと選べて思い出もたくさん出来そうかなと。

 

蔵王の樹氷は山形側からも宮崎側からも見られるのですが、ライトアップを見たいと思うのなら山形側になりますよ~。

 

  1. 山形側・・・蔵王温泉スキー場(ロープウェイに乗って)
  2. 宮崎側・・・すみかわスノーパーク(雪上車に乗って)

蔵王の樹氷を見るには、この2か所からになりますよ。

 

 

スポンサーリンク

蔵王の樹氷が害虫被害で見られない日がくる?

樹氷で有名な蔵王ですが、現在深刻な問題に直面しているそうです。

深刻な問題とは!

 

ズバリ・・・害虫被害!なわけですが、

樹氷を作り出す蔵王の木々は「アオモリトドマツ」という種類の木々になるわけですが、このアオモリトドマツを好んで食べてしまうという虫が体調3ミリほどの大きさの癖に・・・スノーモンスターと言われる「アオモリトドマツ」を食べちゃってるんです!

 

この害虫が発見され話題になったのが・・

 

上の画像でも確認できる有名な樹氷が美しく見える!「蔵王ロープウェー」なわけですが、60本の綺麗な樹氷をまとう「アオモリトドマツ」のなかで45本もの木々がこの害虫に食い荒らされた!最低ですね。

 

今年に限っては、60分の60という被害が出ているという話なんですが、標高1500メートルの大自然にあってこの被害ですからね!食い止めるのも難しいのかもしれません。

ですが・・・

 

もう!世界遺産!と言っても大げさではないと思う蔵王の樹氷が・・たった体調3ミリの害虫にやられていくのは悲しいものがあります。

何とかならないのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

私も、本当に個人的な話になりますが・・蔵王に行きたい!ライトアップ見たい!と思って色々チェックしていたら出てきた害虫に対しての問題だったので、何とも言えない気分ですが・・・

 

大自然を壊すのは人間だけではないんですよね!

 

 

今後も蔵王の樹氷に関してのニュースを追い続けたい!と個人的には思うわけですが、是非この機会に興味ある人は蔵王行きましょう!世界的な日本の財産です!

 

ここまで読んでくれた方に感謝です!

ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です