気になるアレの話題をゲット
今日も元気に最新の話題をゲット
話題の作品

MIU404のタイトルの意味は?由来やタイトルになった理由を考察!

綾野剛さんと星野源さんのW主演という事で・・発表されてすぐに話題になっていた2020年4月スタートの春ドラマ「MIU404」ですけど。。

 

ドラマ「MIU404」のタイトルってどんな意味?って思っちゃいましたけど・・しっかりとした由来があるそうなので、詳しくチェックしてみようかなと思います!

最後まで読んで貰えたら嬉しいですm(__)m

 

【MIU404】とはどういう意味?元ネタ(由来)やタイトルになった理由を考察!

 

綾野剛さんと星野源さんのW主演で話題となっている、TBSの2020年4月期金曜ドラマ『MIN404』

脚本を担当するのが、2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『重版出来!』、2018年の『アンナチュラル』などの大ヒットドラマを手がけ・・・

脚本賞をはじめ数々の賞を受賞した、あの野木亜紀子さんです。

 

 

さらに・・・『アンナチュラル』や2019年の『グランメゾン東京』など話題のドラマを手がけた「塚原あゆ子」さんが監督をつとめるということで、これはもう面白くなる予感が倍増ですよね。

 

制作陣もW主演も豪華!という事で、注目の春ドラマの一つでは?と思いますけど!

タイトルがまず・・なんて読むの?とか意味は?という部分も気になりますよねぇ~。

 

という事で・・ドラマ「MIU404」のタイトルの意味や由来などチェックしてみました!

タイトルの「MIU」とは、Mobile Investigative Unitの頭文字であり・・・

  • 綾野剛さんが演じる:伊吹藍(いぶきあい)
  • 星野源さんが演じる:志摩一未(しまかずみ)

の2人が務める、警視庁の「機動捜査隊」を意味しています

 

機動捜査隊は通称「機捜」と呼ばれ、実際に、警視庁や都道府県警察本部の刑事部に置かれている組織のこと。

 

 

24時間勤務で・・2人で覆面パトカーなどに乗ってパトロールを行っており、110番通報を受けるとすぐ現場に急行し、刑事事件発生直後の大切な初動捜査を担当しているのだそうですよ。

実際にあるんですねぇ~。

 

ドラマ「MIU404」では、架空の「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」が置かれており、第1から第3までの他の機捜を助けたり・・

捜査1課などの仕事も助ける「何でも屋」の役割を担う設定のようですね。

 

また、タイトルのMIUに続く番号「404」は、第4機動捜査隊に属する伊吹と志摩の2人を示すコールサインを意味しているそうです。

 

 

実際の警視庁では覆面パトカーごとに、例えば第1機捜隊ならば「機捜1〇〇」、第2機捜隊ならば「機捜2〇〇」といったサインが使われているそうなので・・・

今作で第4機捜隊に属する2人は400番台が使われるという事かなと。

 

24時間以内に捜査するという緊迫感の中で、伊吹と志摩がどのような掛け合いを見せるのか、野木ワールドならではのやりとりが見られそうで、今からワクワクしますね。

 

スポンサーリンク

【MIU404】ドラマの原作は?あらすじや見どころをチェック!

 

2020年4月スタートの春ドラマ「MIU404」ですけど、(みゅう404)と読むそうですね!タイトルの意味や由来について今回はチェックしてみたんですけど・・

 

あらすじについても触れておこうかな?と思います!

 

警視庁の働き方改革の一環で作られた架空の設定の臨時舞台「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」が舞台になるそうです。

 

  • 操作経験がない運動神経抜群の刑事
  • 社交性は高いけど自分も他人も信用しない理性的な刑事

 

綾野剛さんと星野源さんのW主演でバディーものドラマになると思いますね!

第4機捜の隊長から2人はバディーを組みように命じられますが・・

隙あらば暴れる綾野剛さん演じる伊吹に振り回され星野源さん演じる志摩は任務を遂行できるのか?という物語になるそうです!

 

スポンサーリンク

【MIU404】の脚本家「野木亜紀子」のイメージを聞いてみた!

 

「MIU404」の脚本家である野木亜紀子さんと聞いて・・思い浮かぶ代表作や印象に残った理由などについて世間の声もチェックしてみました!

 

女性の意見
女性の意見

野木亜紀子さんのオリジナル脚本で思い浮かぶのは、やっぱり今ハマっている「コタキ兄弟と四苦八苦」です。とにかく『野木ワールド』が炸裂!って感じです。

幾つもの伏線と笑いが散りばめられていて、台詞もセンスが良いんです。出演者の魅力を最大限に引き出すなぁ、と思いながら見ています。

 

 

女性の意見
女性の意見

やはり野木亜希子さんのオリジナル脚本といえば「アンナチュラル」です。法医解剖医という特殊な職業をテーマに不自然な死の死因を解明していくチームの姿がとても印象に残っています。

石原さとみさんのいつもとは違う落ち着いた演技と井浦新さんの一癖ある特殊なキャラクターが今でも記憶に残っています。そして、主題歌である米津玄師さんの「Lemon」。物語のクライマックスとともに絶妙なタイミングで流れ出すあのメロディーは忘れられません。
ぜひまた続編を見たい作品のひとつです。

 

女性の意見
女性の意見

私が、野木亜希子さんのオリジナル脚本で記憶に残っているのは「アンナチュラル」です。基本的に一話完結だから見やすいのですが、展開が読めず、伏線もしっかりはってあり、ストーリーがとても面白かったので、とても印象に残っています。

毎回考えさせられる内容ですが、重すぎないところがいいと思います。

 

 

女性の意見
女性の意見

野木亜希子さん代表作と言えばアンナチュラルだと思いますが、私が印象ひ残ってるのは獣になれない私たちですね!

恋愛や職場での人生の苦みをビールの苦味のように味わうドラマって感じで。登場人物のキャラも色々だったけど、現代の複雑な人間模様を描いたドラマでした。

 

 

男性の意見
男性の意見

野木亜希子さんのオリジナル脚本で好きな作品はアンナチュラルで、最初は石原さとみさんが主演するということで見始めたのですが、内容がかなり作りこまれていて、見ていてかなり引き込まれて1話から最終話まで飽きずに見れて面白かったです。

 

ご意見くれた方に感謝ですm(__)m

 

スポンサーリンク

「MIU404」まとめ

 

話題を随時追加します!

4月から始まる春ドラマ「MIU404」の注目のキャスト情報や話題などを随時追記して行きますので・・

気になる話題があれば読んで貰えると嬉しいですm(__)m

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です