気になるアレの話題をゲット
今日も元気に最新の話題をゲット
話題のエンタメ

木村進の死因に迫る!病気や病名は何?吉本新喜劇時代からを紹介!

23歳の若さで吉本新喜劇の座長になった事でも有名な木村進さんがお亡くなりになったという訃報がありましたね。

 

木村進さんの死因は腎不全だったそうですが68歳と若すぎますよねぇ~最後はどんな感じだったのかなと。

 

吉本新喜劇の座長に23歳という若さでなりテレビで見ない日は無いと言われた木村進さんについてもまとめて紹介できればと思います

 

最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

木村進さんの吉本新喜劇の頃から紹介!

 

木村進さんを知らないという世代の人も多いと思いますが、1970年代から1980年代にかけての人気は凄く関西だと・・

  • テレビ付けたら出ている

 

というくらい木村進さんは大人気のお笑い芸人だったかなと。

 

まずは木村進さんについて簡単なプロフィールをチェックしてみました!

  • 本名:木村進(きむら すすむ)
  • 生年月日:1950年7月29日(享年68歳)
  • 出身地:福岡県
  • 祖父:(初代)博多淡海
  • 父:(二代目)博多淡海

木村進さんは家族で芸人という家庭に育ち娘さんも吉本新喜劇に出ていたと思います。

 

木村進さんのおじいさんが「博多淡海」として素人役者からプロとなり有名になったのですが・・初代博多淡海であるおじいさんが無くなった事で・・

  • お父さんが23歳で後を継ぎ松竹芸能に入り東京に進出!

 

お父さんである2代目「博多淡海」と言えば・・

  • 藤山寛美さんとの共演
  • おばあさんの格好で曲芸

 

と有名で木村進さんも三代目「博多淡海」として知っている!という人も多いのではないかなと。

 

ちなみに・・木村進さんのお父さんである二代目博多淡海さんと言えば・・おばあさんの格好をして正座からの「1m級の大ジャンプ」で有名で当時お父さんが劇団を作り東京進出した事で、木村進さんも上京したわけですが!

  • 七光り!

という世間からの声に耐え切れず・・松竹芸能(東京)のライバルと言えば!

  • 吉本興業(関西)

に親子絶縁状態になってまでも吉本に入るという所からのスタートだったそうですね。

 

おじいさんの代から考えると木村進さんは親子3代に渡っての芸達者でありサラブレットだった事もあると思いますが・・

 

19歳で親子絶縁状態からの吉本入りでも23歳の頃には「吉本新喜劇」の座長に就任されてます。

 

その後・・原因はハッキリしないものの

  1. 長年にわたる酒好き
  2. 人気がありすぎて過労

 

などもあったと思いますが木村進さんが38歳の時に「脳内出血」により倒れてしまって。。

  • 左半身に重い障害

 

が残ってしまった事で歩行困難になり新喜劇だけでなく吉本興業も退社。

 

木村進さんが脳内出血で倒れたのが・・出身地である福岡県にて3代目「博多淡海」の襲名披露公演だったんですよね。

 

 

その後は歩行困難などの理由からテレビから姿を消していた木村進さんですが、間寛平さんの公演で共演を果たし、その後は時々障碍者の役などで出てきてましたね!

 

 

スポンサーリンク

木村進さんの死因や病気など含め告別式もチェック!

 

木村進さんと言えば、オカマキャラやおばあちゃんの役など笑い方が印象的な芸人さんでしたけど、68歳という若さで亡くなられたわけですが・・

  • 死因は「腎不全」だったそうです。

 

元々最近では体調が優れなかったそうで、5月14日に体調が悪化し入院したばかりだったそうです。

 

5月19日(日)に大阪市内にある病院にて息を引き取ったそうですが、喪主は木村進さんの妹さんが勤め、告別式は・・

  • 大阪市都島区毛馬町2-10-40
  • 都島葬祭コスモール都島
  • 5月22日(水)11:30~

で行われるそうです。

 

地図もチェックしてみました。

 

 

スポンサーリンク

木村進さんお亡くなりについての世間の声!

 

そんな飲み方をしていたら・・と間寛平さんからよく心配されていた木村進さんだったそうですが、相当な人気でしたからねぇ~お酒も飲みたくなったんじゃないかなと。

 

そんな木村進さんに向けた世間の声などチェックしてみました。

 

 

 

 

ご冥福を祈る声が多いですけど、木村進さんというより3代目「博多淡海」としてコメントをしている人も多かったです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

間寛平さんとの掛け合いは見ている方も楽しかったですけど・・まだ68歳なので本人の間寛平さんも悲しいでしょうね。

 

これからは、周りに泊められず好きなお酒もたくさん飲めるのではないかなと。

 

木村進さんのご冥福をお祈りします。

 

ここまで読んでくれた方に感謝です。

ありがとうございました。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です