気になるアレの話題をゲット
今日も元気に最新の話題をゲット
3分で読める話題一覧

きたがわ翔のトレパク疑惑とは何?鬼滅コメントが賛否両論の理由もチェック!

最近流行りの漫画は努力の過程は描かれない!と言うコメントを漫画家のきたがわ翔さんがしたらしいんですけど・・・その批評した作品が『鬼滅の刃』と言うことでちょっとした炎上状態になっているとのこと。。

コメントした記事を読んだら確かにこれは・・と思うことがあったんですけど、きたがわ翔さんコメントだけじゃなくて『トレパク疑惑』の方でも炎上してて何事?と思ったので・・

今回は鬼滅の刃の賛否両論コメントの理由についてや、トレパク疑惑ってなに?ってところをチェックしていきたいと思います。

最後まで読んでいただけると嬉しいですm(_ _)m

 

きたがわ翔が『鬼滅の刃』を批評した内容が賛否両論!同時にトレパクが話題になった経緯をチェック!

 

2021年12月9日のYahoo!ニュースに『同業漫画家から見た『鬼滅の刃』以降のトレンド ”省略の美”から”少女漫画的な共感性”を重視』っていう面白そうな内容の記事が載っていたのでつい読んでしまったんですけど・・

 

まず、タイトルに『鬼滅の刃』ときているのでこの場合ファンは鬼滅の漫画の凄さが同業漫画家からどうすごいって思われてるのか知りたい!って思って記事を読んじゃいますよね

 

でも内容を読んでみると、なんか思ってたのと違う。笑

 

まとめると、最近流行りの漫画って努力の過程をしつこく繰り返したりしないよねってことなんですけど多分、鬼滅の刃のファンがカチンときたのはここ↓

炭治郎が急激に強くなるんですが、努力の過程が描かれることはほとんどありません。

でも、それが今の漫画の流行りなんだと思います。

努力や修行するシーンは、読んでいても盛り上がりに欠ける部分があります。だから、読者が最初から気分よく読めるように、主人公は努力によって何かを得るのではなく、“最初から素質を持っている”ようにする。

そして、『その能力をいつ発動するのか』という過程を描いていくんです。今のスマホに慣れきった世代は、できればすぐに答えや結果を知りたいというマインドが強いのではないでしょうか

引用元:Yahoo!ニュース

 

努力の過程が描かれることはほとんどありません、ってところですね。

 

Yahoo!のコメントみると

  • このきたがわ翔って人漫画ちゃんと読んでないんじゃない?
  • 努力の過程はたくさん描かれていますけど。
  • 炭治郎ってめっちゃ努力してると思うけど・・

と言う意見が非常に多かったです。

 

さらにTwitterで拡散された記事は内容を見ずにタイトルだけ見たら【漫画の潮流 努力の過程描かない】と省略されているので余計に怒りを買っているのではないかと思うんですけど・・・

 

ファンからしたらこんな批評コメント書いた『きたがわ翔』って誰だよ?って気になりますよね!

 

で、調べてみると『トレパク』を大量に行なっていた漫画家だった!ということがわかり、でお前が言うな状態になって今炎上していると・・・。

 

じゃあそのトレパク疑惑ってなんなの?ってところをまずは見ていこうと思います!

 

スポンサーリンク

きたがわ翔のトレパク疑惑とは何?鬼滅コメントが賛否両論の理由もチェック!

まず、『きたがわ翔 トレパク』を検索するとめちゃくちゃ大量に出てくるので・・・トレパクしたの一つじゃないんだってことにびっくりしたんですけど・・・。笑

 

トレパクとは・・・

「トレパク」とは「トレスでパクっている」の略。既存の画像を元にしたトレス作品の中でも、トレスの制作手順及び制作者の振る舞いに悪質な問題が含まれている場合に用いられる。

引用元はこちら

 

トレパク問題って好きなイラストレーターさんや漫画家がいたら一度は見たことある問題かな、と思うんですけど・・・

 

練習としてどこにも発表することなくトレースすることは可能なんですけど、きたがわ翔さんって漫画家でそのトレパクした作品を普通に公開して自身の著作物として扱っているのがアウト!なんですよね。

 

シャッターストックとかピクスタなど、有償の写真素材も著作権があるのでトレパクはダメです。さらに言うと、購入しないでウォーターマーク入り(透かし入り)のままやられるのは死ぬほど最悪と言っていいと思います。笑

 

 

一部オマージュするとかでなく、全てが一致するとなると確信犯ですよね〜。。重ねてみても一ミリもずれてないですし全く一緒・・しかもこの作品は海外のイラストレーターのものをしれっとトレパクしたようです。

 

と、まあこんな具合にきたがわ翔さんは写真やイラストなどを資料として使うのではなくトレスして自分の作品にしてしまってるところが悪質なんですよね。

 

なので・・・こんな人が鬼滅の刃を批評するなんて!ってところに火がついちゃったのではないかと思います。しかも『プロが語る胸アツ「神」漫画1970-2020』なんて著書も出しちゃってるので、どう言うこと?って感じですよね。笑

 

ただ、きたがわ翔さんの意見としては

炭治郎が急激に強くなるんですが、努力の過程が描かれることはほとんどありません。でも、それが今の漫画の流行りなんだと思います。

 

と語っているんですけど、総合すると「努力の過程をあまり描かないこと」を言いたかったので大袈裟に言ったところが切り取られたのかな?とも感じたんですけど。

 

 

確かに昔の漫画やアニメって、一つの技をできるようになるために修行を続けるシーンって多かったですよね。ハンターハンターとか念能力の修行シーン結構長かった気がする・・・

 

なので、なんとなくきたがわ翔さんの言いたいこともわかる気がするんですけど・・・他の人が言っていたら炎上しなかったのかも?とは思いました。笑

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい話題の記事まとめ

 

ゼロワンの迅(悪役・滅亡迅雷ネット)は中川大輔!漫画家だった!?仮面ライダーゼロワンの悪役『滅亡迅雷ネット』の迅(じん)を演じる俳優さんについてもチェックして行きたいなぁ~と思います! ...
高橋海人のカスと言われる対応とは?エピソードの真相や漫画は下手?高橋海人さんの努力家の面が実って漫画家デビューした話題も興味ありますけど・・カスと言われちゃうエピソードって何かありましたっけ?どちらか...
【ホリック実写映画】壱原侑子は柴咲コウより杏の方が合ってる?原作比較や反応まとめ!柴咲コウさんが主演で実写映画化される「ホリック」がちょっと楽しみなんですけど、ホリックと言えば、独特の雰囲気と原作やアニメも人気でしたよ...
イエティの子孫は本物?子供を産んだ説が偽物の可能性や正体は何かをチェック!ワールド極限ミステリーでイエティの子孫という興味深い内容が放送されましたね~。イエティと言えばツチノコやネッシーなどとも並ぶ知名度抜群の...

 

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です