気になるアレの話題をゲット
今日も元気に最新の話題をゲット
話題の作品

鬼滅の刃【我妻善逸と嘴平伊之助】死亡?アニメ最新話ネタバレ考察!

2019年4月6日より放送開始から全国の放送時間に合わせてTwitterで賑わい続けている話題のアニメ「鬼滅の刃」ですが・・・

 

18話にしてメインキャラクターである我妻善逸嘴平伊之助がかなりの危機的状況に追い込まれていますね!19話の最新話では死亡もある・・・?!とアニメしか知らないファンからは不安の声も上がっています。

 

気になる19話「ヒノカミ」の放送はTOKYO MXより2019年8月10日の23:30から順次全国に放送されます!それに先駆けて今回は鬼滅の刃アニメ最新話のネタバレ考察をしてみたいと思います。

 

良かったら最後まで読んでもらって・・・アニメ放送後にまたチェックしてもらえると嬉しいです!

鬼滅の刃【我妻善逸と嘴平伊之助】ってどんなキャラクターなの?考察も交えてチェック!

 

そもそもアニメ「鬼滅の刃」ってなんぞや?!どんなアニメなの?!という方は、あらすじ主要キャラクター敵キャラの声優さんについてなどをチェックした↓の記事を良かったら読んでみてください!

 

あらすじや敵キャラの声優や画像など細かくチェックしてみました!→鬼滅の刃【敵キャラ】の声優が豪華すぎる?敵と役者を画像で紹介!是非!参考にしてみて下さいね。

 

上の記事でもご紹介していますが、ここからは更に詳しく我妻善逸と嘴平伊之助について掘り下げていきたいと思います!ネタバレ考察も含まれるので要注意ですよ!

 

我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)CV:下野紘(しもの ひろ)さん

 

炭治郎の同期である鬼殺隊剣士で派手な金髪にヘタレ眉の少年。

 

普段は非常に臆病かつヘタレで鬼に遭遇すると悲鳴を上げながら逃げ惑うようなとても鬼殺隊の剣士には思えないキャラクター!女性に対して異常な執着心を持っていて、主人公・炭治郎の妹・禰豆子が好き。

 

炭治郎の同期にあたる鬼殺隊剣士。16歳。名前も付けられないまま親から捨てられ、孤児として育つ。非常に臆病で、ネガティブ思考の利己的な面が強い少年。隊服の上に三角柄の羽織を着用する。師に才を評価され、それに見合った実力を持ちながらも、自分が強いはずがないという劣等感に縛られ、情緒不安定気味である。聴覚が非常に優れ、その能力で他人の感情を読み取ることもできる。そのうえで「信じたいこと」を優先して信じるので、何度も騙されてきた。己の弱さに対する嘆きは、誰かの役に立ちたいという願いの裏返しである。先述の経緯から、鬼への負の感情をモチベーションにはしていない。鬼に追われても子供を置いて逃げることはせず、禰豆子が入った箱が伊之助に斬られそうになった際には毅然と相対し、命懸けで箱を守り切るなどの一面も見せる。

Wikipediaより引用・抜粋

 

こんなヘタレでビビリがいったいどんな方法で敵である鬼と戦うのか?!と思いますよね、私も最初どんな戦い方をするのかなと気になっていたのですが・・・

 

戦闘スタイル

日輪刀の刀身に稲妻を模した刃紋が入っていて「雷の呼吸法」を使って鬼を倒すスタイル。

 

「雷」が持つ6つの型の内で会得できたのが「壱ノ型 霹靂一閃」のみで、敵にも早々に一つの型しか使えないことを見破られてしまうが、この一つの型のみを極限まで鍛え上げろという師の教えに従ってきたので雷光の如く疾さを繰り出せる。

 

主人公の炭治郎は「水の呼吸方」を使いますが、我妻善逸は「雷」!

 

プレッシャーに弱いという最大の弱点があるもののそれが最大の強みとなり、緊張・恐怖が極限に達すると気絶するように眠ってしまい、それが半覚醒となって本来の強さを発揮できるという変わったキャラクター。

 

残念なのは本人は眠ってしまっているため、自分で鬼を倒したことを覚えていないという点ですかね・・・なんとも不憫です、せっかく自分で倒したのに人に感謝しているので。

 

とても鬼殺隊には向いていないような性格の我妻善逸がなぜ鬼殺隊に入ったのかといえば・・・

 

女性に執着するという弱点により騙され借金難に陥ってしまった折、後の師「桑島」に助けられて剣士の訓練を受けたことがきっかけ、というなんともお粗末な経緯。

 

ちなみに元々は黒髪でしたが修行中に木の上で雷に打たれて金髪になって生き延びたという奇特なキャラクターである。

 

と、ここまでは割とコミカルなキャラクター像なんですが・・・17話にて那田蜘蛛山の敵キャラ「兄蜘蛛」に毒攻撃を受け、絶賛死亡寸前状態なっています。

 

 

嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)CV:松岡 禎丞(まつおかよしつぐ)

 

炭治郎の同期である鬼殺隊剣士、なぜかイノシシの頭をかぶって話す少年。

 

生粋の山育ちで乱暴者!しかし本当は人に優しくされた経験がないので、人にどうやって接していいか分からないだけで、優しくされたらその相手のことを口では悪く言っても心根ではとても大事に扱えるキャラクター。

 

炭治郎の同期にあたる鬼殺隊剣士。15歳。猪に育てられた捨て子。名前は本名。奇怪なの被り物をしているが、素顔は非常に女性的で端整な顔立ち。上半身は裸で、隊服はズボンのみ。腰や脛に毛皮を巻いている。育手の指導を介さず最終選別を生き残り、鬼殺隊に入隊した傑物。「稀血」の少年・清を巡る響凱との戦いに、猛然と割り込む。戦いたいが故に戦うという好戦的な野生児で、高笑いしながら「猪突猛進、猪突猛進」と叫び、やかましく剣を振るう。常識に疎く文字の読み書きが出来ないほどだが、語彙は豊富であり、突然難解な熟語を使うことがある。これは幼少の頃、一時期面倒を見てくれた老人の読み聞かせやその孫とのやり取りが影響している。他人の名前を覚えず、勝手にあだ名をつけて呼ぶ。

Wikipediaより引用・抜粋

 

アニメではまだ具体的に紹介されていないので知りませんでしたが、イノシシに育てられていたんですね!それでイノシシの頭をかぶっているとすればなんだか納得です。

 

ただアニメの方では「少女に見間違うほどの可愛らしい顔を隠したくて」かぶっているような描写になっていたのでそこにはなにか意図があるんでしょうか・・・?

 

そんな伊之助ですが、彼の戦闘方法はどんなものかも調べてみました!

 

戦闘スタイル

刃こぼれしている二刀流の日輪刀を持っていて「切り裂くような切れ味」とのこと!鞘がないので戦闘時以外は布に巻まれている。

 

師を持たない鬼殺隊で、我流の「獣(けだもの)の呼吸法」を使って鬼を倒すスタイル。

 

炭治郎は「嗅覚」善逸は「聴覚」が優れているが伊之助は「触覚」が非常に優れていて、集中すると空気の揺らぎなどから直接触っていないものを捉えることまでできるという才能があるが、着衣によって触覚の感覚が鈍るということから上の服はいつも着ていない。

 

毒と同じく薬も効きにくい体質で関節を脱着させて軟体化したり、内蔵の移動によって致命傷を回避するなどの驚くべき荒業を持っているらしい・・・。

 

精神的に打たれ弱いところもあって「勝てない」と悟ると落ち込んでしまったり、人から与えられる情や優しさに鈍感なのでなかなか理解ができなかったりするが、炭治郎たちと一緒に行動するようになり徐々に人の情緒を取り戻したことでかえって情緒不安定になる。

 

18話では那田蜘蛛山の「父蜘蛛」の圧倒的強さに戦闘意欲を失ったり、果敢に挑むも鬼気迫る状態から抜け出せず非常に危険な状態・・・でしたが柱である「冨岡義勇」の登場によって一時的に危機を脱したようですがまだ予断を許さない傷ですよね。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃【我妻善逸と嘴平伊之助】が死亡するって本当?最新話のネタバレ考察!

アニメ18話で瀕死状態になっていた我妻善逸と絶体絶命状態になっている嘴平伊之助ですが、19話ではいったいどんな展開になるのでしょうか?

 

我妻善逸に関しては18話で進展があるかと思いきや、柱の一人である「胡蝶しのぶ」というキャラクターに話しかけられたところで終わり、という中途半端な状態に!助けてあげられるなら早くなんとかしてあげてくれ!という状況です。

 

恐らく19話でこの胡蝶しのぶが何らかの方法で我妻善逸を助けてくれるであろう、と期待はしていますが・・・「推しキャラクターが簡単に死亡する」という噂を耳にしている作品なのであくまで考察です!実際は19話放送までのお楽しみですね。

 

嘴平伊之助に関しては19話で父蜘蛛に危うく!というところで柱である冨岡義勇に助けられてなんとか一命を取り戻しましたが、非常に危険な怪我の状況ですし、まだ那田蜘蛛山には鬼がいますし予断を許しませんね。

 

冨岡義勇が登場したので流石に放置されて怪我で死亡なんていう悲しすぎる結末にはならないかと思いますが、那田蜘蛛山には炭治郎と戦っている鬼の他にもうひとり別の鬼もいるのでまた新たな戦闘になって・・・なんて可能性も有り得ますよね。

 

いったいどういう形で物語が進んでいくのか、19話の展開が気になりすぎます。

 

また、アニメ「鬼滅の刃」の19話「ヒノカミ」には物語のもう一つの主要キャラクターである【柱(はしら)】が登場することでもとても話題になっています。

 

柱とはなんぞやということでこちらも調べてみました!まだ物語上では多くを語られていないのでアニメからファンになった人は知らない人も多いと思います。

 

【柱とは・・・】

古くから人食い鬼と呼ばれる鬼たちから人を守ってきた「鬼殺隊」の中でも最高位に位置する剣士のことで、「全集中の呼吸」の種類である「呼吸法」の名前を使って「○○柱」という肩書を持って呼ばれている人たち。

 

アニメの中で既に登場している柱といえば・・・

 

冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)

主人公・炭治郎と同じ「水」の柱で鱗滝左近次を師に持つ。

 

 

胡蝶 しのぶ(こちょう しのぶ)

小柄な女性で蝶々などの蟲を模した装飾品を付けている「蟲」の柱

 

他にもまだ登場していないキャラクターですが・・・

  • 煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)・・・「炎」
  • 宇髄 天元(うずい てんげん)・・・「音」
  • 甘露寺 蜜璃 (かんろじ みつり)・・・「恋」
  • 時透 無一郎(ときとう むいちろう)・・・「霞」
  • 悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)・・・「岩」

 

などなど様々な種類の柱が存在しています!アニメが何クールに渡って放送されるか分からないのでどこまでのキャラクターが登場するかは未定ですが、この柱の登場にもこれからは注目していきたいですね。

 

まだ物語で大きな役割を占める「十二鬼月」もほとんど出てきていないので、鬼滅の刃の今後のストーリー展開と何クールまでやるのかなども気になるところですね。

 

これからもアニメ「鬼滅の刃」については記事を書いていきたいなと思っているので、読んでいただけたら嬉しいです!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃【我妻善逸】【嘴平伊之助】が死亡?についての世間の声をチェック!

前回までの放送、特に18話の我妻善逸と嘴平伊之助について世間のアニメ「鬼滅の刃」ファンはどういった見方をしているのでしょうか?

 

もとよりキャラクターの心理描写や成長過程を丁寧に描いている「鬼滅の刃」は、主要キャラクターの生い立ちや精神的部分での成長を特に昔から今にかけてを中心に描いていますが、17話・18話では我妻善逸や嘴平伊之助の過去についても描かれましたね。

 

彼らがどういった経緯で鬼殺隊に入ったのか、またどういった経過を経て今の成長を迎えたのかがよく分かる内容でしたし、主人公・炭治郎との出会いからどう変わったのか?も丁寧に描かれていました!

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり綿密にキャラクターのセリフやシーンから、考察をしている人もたくさんいますし、今後の予測を立てている人もいましたね。

 

既にこの時点でキャラクターの成長を感じてうるっと来ている人もかなりいたようですし、私自身も伊之助の心境の変化にはグッと来ました!

 

果たして那田蜘蛛山での最後の回であると言われている19話で、我妻善逸と嘴平伊之助は死亡してしまうのか?どんな展開が待っているのか、楽しみにしたいですね!

 

スポンサーリンク

まとめ


アニメ「鬼滅の刃」は話数的にはもう20話に近づいてきており、最近のアニメ傾向では一旦ワンクールが終わってしまうのでは?と思っているのですが・・・

 

すごい人気ですし声優さんもかなり豪勢に使っているので、これは久しぶりに長いクールでやるアニメになるのではないか!と期待をしています。

 

そういった場合、まだ物語自体が完結していない作品なのでいったいどれくらいまでアニメを進めていくのかも気になりますね。

 

絶賛「週刊ジャンプ」で連載中の鬼滅の刃をこれからも追いかけていきたいと思います!最後まで読んでいただきありがとうございました。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です