気になるアレの話題をゲット
今日も元気に最新の話題をゲット
3分で読める話題一覧

八王子署が猫を放置(逃がした)理由は?なぜすぐに河川敷へ放ったのかに注目!

警視庁の八王子署で拾得物として預かった老猫を、短時間のうちに河川敷へ放置したという案件が大きな話題になっていますね。八王子署が取った対応だけを見ると、寒い2月に20歳の老猫を河川敷へ放置という部分が目立つので非難の声が大きくなっています。

 

ただニュース記事を読んでも八王子署が猫を河川敷へ放置した理由や意図が不明なのですよね。もちろん対応として疑問点が多いのは事実なのですが、放置したことに猫のことを考えた明確な理由があれば話しも変わると思います。

 

今回はそんな八王子署が保護した猫を河川敷へ放った理由について深掘りしてみました。最後まで読んで頂けたら嬉しいです。

 

八王子署が保護した老猫を河川敷へ放置したことが話題に!まずは経緯を確認!

 

警視庁の八王子署が保護した猫を河川敷に放置した!というニュースが出てSNSを中心に大きな反響が出ていますね。この寒い時期に20歳の老猫を河川敷に放置したという部分を含めて、他にも様々な部分で八王子署の対応に疑問を持っている方は多いようです。

 

まずは情報を整理するためにも八王子署の猫放置騒動の概要をチェックしてみました。

 

 警視庁八王子署が拾得物として預かった迷い猫を、保健所などの関係機関に連絡しないまま河川敷に放していたことが、署や保護猫活動をする東京都八王子市の動物保護グループ「はちねこ」などへの取材で分かった。署は「拾得物として受け取り、河川敷に放したのは事実で、経緯を確認している」と説明している。飼い主が判明したが、猫の行方は分からず、グループが捜している。

引用サイト

 

八王子署は猫を「拾得物」として預かっていたようですね。そして河川敷に放った対応についても完全に事実を認めているといった状況です。動物保護の対応はかなり難しい部分もあるとは思いますが、保健所などに連絡をせずにすぐに河川敷へ放ったことが問題視されているようです。

 

 

猫の捜索に尽力している「はちねこ」さんのツイートに、八王子署に預けられてから河川敷に放置されるまでの時系列が記載されていたので引用させて頂きました。

 

  1. 1月31日の夕方に何者かが猫を路上に放置
  2. 目撃者が現場付近にいた白バイに保護を依頼
  3. 目撃者は猫の保護活動を行っている「はちねこ」にも連絡
  4. はちねこ関係者が2月1日に八王子署に猫の状況を確認
  5. 2月1日の午前10時には八王子署裏の河川敷に猫を放置したことが判明
  6. 2月1日の13時頃に警察署に出向き、動物愛護センターや保健所への連絡が無いことを確認

 

はちねこさんがまとめた八王子署の猫放置案件の時系列をこちらでも書き出してみました。

 

まずポイントになるのが八王子署が24時間以内の短時間で、猫を八王子署の裏の河川敷へ放置したという点です。ニュース記事によると猫を預かった際に八王子署員は「2、3日保護する」との旨を伝えていたそうですね。

猫は首輪もつけていたそうですので、野良猫とは勘違いしていなかったとも思われます。

その他では保健所や動物愛護センターを含め各所へ連絡が無かったことも問題視されているようです。

 

 

河川敷に放置された老猫は20歳の「のい」ちゃんと言うそうですが、現在もはちねこさんを中心に捜索活動が継続されています。

 

スポンサーリンク

八王子が保護した猫を逃がした(放置)した理由は?なぜすぐに河川敷へ放ったのかに注目!

 

ネットを中心に大きな話題になっている八王子署の老猫放置ですが、そもそも「なぜ預かった猫を短時間で河川敷へ放ったの?」という部分も気になりますよね。

 

現時点では八王子署が猫を放置した理由については正式な情報は無いです。ただSNSでは様々な予想がされていたので、そちらの情報を中心にまとめてみました。

 

 

 

 

八王子署が猫を河川敷へ放置した理由としては様々な説が出ていますね。

 

  • 拾得物の猫と言っても生体の保護は手間がかかる
  • 保健所に行けばその数日後には殺処分されることを知っていたので逃がした
  • 首輪をつけた猫なら外に放っても家に帰宅できると思った。

 

いろんな意見が出る中でも保健所で殺処分されるのを防ぎたいから、連絡もせずに河川敷へ放ったという意見が個人的にはしっくりきましたね。もちろん憶測なので本当の理由は違う可能性は十分にあります。

 

ただ保健所で猫が殺処分されるのを防ぐためや、家に地力で帰宅するという理由だったとしても、保護された猫は20歳ですからね。もちろん20歳という具体的な年齢を当時の八王子職員は知らなかったと思いますが、猫の見た目で老猫という判断ができる人間はいたような気もしますね。

 

八王子署の署員でも猫を飼ったことが無い人間が、冬でも野良猫は外で暮らしてるし逃がしても大丈夫だろうという感じで河川敷へ放ったのでしょうか?

 

どちらにせよもう少し八王子署側から河川敷へ放った理由を明確にして欲しいですね。「拾得物」として猫を預かったのに、無断で捨てるという対応には疑問に思う部分があります。

 

スポンサーリンク

最近読まれている記事を紹介

 

【現地画像】鹿せんべい依存症でガリガリな姿が悲惨!奈良のシカの数はどれだけ減った?奈良のシカって言えば・・「鹿せんべい」を連想しますけど、せんべいあげるとついてきちゃうところが可愛いですよねぇ~。 奈良だ...
ベンガル猫虐待の犯人(三品正雄)の顔画像は?評判や人物像を調査!2021年11月19日に動物虐待のめっちゃ嫌なニュースを見てしまいました。。 愛知県大治町で交際相手の女性の飼い猫(ベンガル猫)を...
イエティの子孫は本物?子供を産んだ説が偽物の可能性や正体は何かをチェック!ワールド極限ミステリーでイエティの子孫という興味深い内容が放送されましたね~。イエティと言えばツチノコやネッシーなどとも並ぶ知名度抜群の...
加藤英明は結婚してる?嫁情報や謎の私生活に注目!女性人気が高い理由を調査!加藤英明さんと言えば・・いつまでも少年!みたいな人気の高い先生ですけど・・結婚してるの?という部分が話題にもなってますよね! ...
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です