気になるアレの話題をゲット
今日も元気に最新の話題をゲット
話題の作品

【アライブ がん専門医のカルテ】ドラマの脚本家は誰?期待できる?

女性目線の医療系ドラマという注目の2020年1月スタートの冬ドラマ「アライブがん専門医のカルテ」はがんに特化した診療科を舞台に二人の女医が奮闘して行くという・・ちょっと違う医療ドラマになると期待ですよね!

 

ヒューマンドラマとしても絶対に見どころが多いんじゃないかな?という作品ですけど・・ドラマの展開には興味ありますよね!脚本家は誰?とか期待できるか?という所をチェックしたいかなと。

 

今回は・・ドラマ「アライブがん専門医のカルテ」の脚本家は誰?過去の作品から期待できるかを考察してみたので是非!最後まで読んで貰えたら嬉しいですm(__)m

 

スポンサードリンク

【アライブ がん専門医のカルテ】ドラマの脚本家は誰?

 

2020年 1 月から始まる冬ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の脚本を務めるのが、脚本家の「倉光泰子」さん!という事で・・・

今回は脚本家「倉光泰子」さんについてチェックしてみました

 

倉光泰子さんのプロフィール

  • 年齢:1983年生まれ
  • 出身:埼玉県
  • 学歴:東京芸術大学大学院映像研究科脚本領域卒業
  • 受賞歴:2014年『隣のレジの梅木さん』で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞

 

倉光さんは結婚、そして第1子出産後、31歳で初めてシナリオコンクールに応募し、『隣のレジの梅木さん』で第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞しました。その2年後には月9ドラマ『ラヴソング』の脚本家として抜擢されています。

 

その後は『刑事ゆがみ』など、登場人物を皮肉っぽく描くことが得意で、倉光さんも性格の悪い人を描くことが好き、というほど。

誰でも持っているようなダークな部分を、過激になりすぎないようにうまく表現しており、倉光さんの描く人物は人間臭くてとても親近感がわきますね。

 

『アライブ がん専門医のカルテ』は2人の女医が腫瘍内科というがん専門の診療科を舞台に、がんと闘う患者さんや、自分自身が抱える問題を解決しながら乗り越えていく姿が描かれていくヒューマンドラマでもありますが・・

 

ドラマ「アライブがん専門医のカルテ」の放送開始日や詳しいあらすじは⇒【アライブがん専門医のカルテ】放送開始日はいつ?あらすじを3分で解説!是非!チェックしてみて下さいねm(__)m

 

日本のドラマでは初めて腫瘍内科に注目し、原作なしの完全なオリジナルストーリーとなる今作。倉光さんの描く登場人物の人間臭さにぜひ注目していきたいですね。

 

スポンサーリンク

ドラマ【アライブ がん専門医のカルテ】の脚本家「倉光泰子」さんの作品で注目ポイントは?

 

代表作が多い!そんな脚本家「倉光泰子」さんの携わったドラマの中で印象に残る作品やドラマの展開など気に入った理由をアンケート形式で聞いてみました!

 

女性の意見
女性の意見

倉光泰子さんの脚本で好きなドラマは、少し前に放送していた『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』です。竹内結子さんが弁護士役なのですが、最初はイメージで「正義感溢れる弁護士」かと思っていたのですが『依頼者の為なら嘘でも突き通す』役だったので驚きました!でも見るうちに、竹内さんの表情に釘付けに。面白いドラマでした。

 

女性の意見
女性の意見

倉光泰子さんの作品はいつも見ていますが、私が一番好きだったのは福山雅治さん主演の「ラヴソング」でした。切ないラブストーリーが毎回キュンキュンしました。また、医療系のドラマも好きで、来年始まる「アライブがん専門医のカルテ」が楽しみです。腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に二人の女医が奮闘する今までになかった医療ドラマです。倉光泰子さんの作品に期待しています。

 

男性の意見
男性の意見

倉光泰子さんが携わったドラマのなかで一番のお気に入りは「突然ですが、明日結婚します」という作品です。原作は少女漫画なのですが倉光泰子さんは脚本家として参加しています。このドラマが良かったのは原作漫画の再現も良く出来ているうえに、ドラマならではのオリジナル演出をいくつか入れることによって、ストーリー展開により面白味を出したところにあると思います。

 

女性の意見
女性の意見

倉光泰子さんが携わった作品の中で、「突然ですが、明日結婚します」というドラマが好きです。倉光泰子さんは刑事もののドラマが多いですが、恋愛ものも女性目線できゅんきゅんするものが多く、観ていて楽しいからです。このドラマも、絶対に結婚しないだろうと思っていたのに、最終回で急に話が動き、主人公の気持ちになってドキドキしてしまいました。

 

男性の意見
男性の意見

倉光泰子さんはまだ30代と若いのですが、主にフジテレビで制作されるドラマに、既に多く起用されている売れっ子脚本家と言えるでしょう。その中で面白かったのは『突然ですが、明日結婚します』という作品です。原作はコミックだそうですが、主人公高梨あすかとそれに関わる人々の結婚にまつわる価値観の違いが細かく描かれていて、女性脚本家ならではの細やかな心理描写に惹かれました。

 

人気の脚本家が手掛ける。。ちょっとダークな部分も入れつつのヒューマンドラマに期待したいですね!

 

スポンサーリンク

【アライブ がん専門医のカルテ】ドラマの脚本家に期待するポイントは?

 

2020年1月スタートの冬ドラマには医療系ドラマもしっかりあって・・ほんと医療系ドラマが多いなぁ~って気もするんですけど!

 

アライブがん専門医のカルテに期待したい部分を聞いてみました!完全なドラマオリジナル作品という部分で最後までどんな話が出て来るか?そういったドキドキもあるかと思いますが・・聞いてみたので紹介しますね!

 

女性の意見
女性の意見

最近のドラマは原作物が多い中で、完全オリジナルで作る作品ということで楽しみにしています。2人に1人がかかると言われている身近になった病気のがんをテーマに、医療現場の裏側や、それに関わる周りの人をリアルに描いてもらえたらいいなと思っています。
女性の脚本家、主演の方も2人も女医役という事で、女性目線のシビアな見方や細やかな描写を期待しています。女性×女性のバディ物は少ない気がしているので放送日が楽しみです。

 

女性の意見
女性の意見

2人の女性医師が主人公ということなので、とことんかっこいい女性を描いてもらいたいなと期待しています。また、女性ならではの悩みや心情なども繊細に描いてもらえたらとっても共感できるものになるんじゃないかなと楽しみにしています。がんという恐ろしい病気に対しても、知識を学べるようなものになってくれたら嬉しいです。

 

男性の意見
男性の意見

「アライブ がん専門医のカルテ」で脚本に期待したいことは、がん患者の方の心理描写やそれに対して医師達がどのようにして対応していくかなどの演出をリアルに描いてほしいということです。なぜならこのドラマは「生と死」をテーマの中心としているので、ドラマ的な誇張表現は控えめにしてリアル路線にした方がよりその生と死というテーマが視聴者に伝わりやすいと思うからです。

 

女性の意見
女性の意見

今や二人に一人はガンにかかるという時代に、欧米などに比べると歴史が浅い日本の腫瘍内科ですが、内科と外科二人の女医が苦悩しながらも患者に寄り添いなかまら新しい診療科を舞台に奮闘する、新しい医療ドラマだと思います。同時に、患者の生き方や人間模様なども、同じ立場の方々には励みになるのではないでしょうか。松下奈緒さんと木村佳乃さんの主演が、楽しみです。

 

男性の意見
男性の意見

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』は、倉光泰子さんが脚本を担当するオリジナルドラマです。医療現場をテーマとしたドラマは昨今たくさん制作されていますが、“がんのスペシャリスト”と呼ばれる「腫瘍内科」というあまり聞き慣れない分野の専門医を取り上げる点で興味深いですね。また倉光泰子さんは自分と同じ女性を主人公に据えて、その細やかな心理を描き出すことを得意としているので、主人公の女医を魅力的なキャラクターに仕上げてくれることを期待しています。

 

ご意見くれた方に感謝ですm(__)m

 

スポンサーリンク

「アライブがん専門医のカルテ」ドラマ情報まとめ!

 

2020年1月スタートの冬ドラマ「アライブがん専門医のカルテ」は、注目のドラマにはなりますけど・・動画配信サービスもたくさんありますからねぇ~。

是非!見て欲しいドラマかなと。

 

今回は・・「アライブがん専門医のカルテ」のドラマの展開や期待できるか?という部分で脚本家についてをチェックしてみたのですが!ドラマ放送にちなんで色んな注目情報をまとめたので是非!気になる部分から読んで貰えたら嬉しいです

 

【アライブがん専門医のカルテ】放送開始日はいつ?あらすじを3分で解説!医療系ドラマの人気は高いですよねぇ~2020年1月スタートの冬ドラマでも医療系ドラマは注目を集めそうな訳ですが・・ドラマ「アライブがん専...

 

どんどん追記中!

「アライブがん専門医のカルテ」についての情報を随時チェックしているので・・どんどんまとめて追記して行こうと思ってます!

気になる「キャスト」や「ロケ地」情報や詳しいあらすじに深夜ドラマという事で見逃し配信や放送局情報などもまとめて行きたいと思っているのでしばらくお待ちください!

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です